企業方針

株式会社わちふぃーるどについて

「わちふぃーるど」はふたつの顔を持つ会社です。

わちふぃーるどとは ひとつはファンタジーを形にすること。もうひとつは革の持つ無限の可能性を追求し、質の良い革製品を作っていくことです。
どちらも創造の源から商品企画、製造、商品管理、出荷、一部販売までを一貫して社内で行っています。
規模は小さいものの、独自の泉から湧き出るものを川上から川下へ流していってお客様という海へ届けていくめずらしい会社で、会社がまるでひとつの社会のようです。ですから川のそれぞれの場所にいる社員のひとりひとりがとても大事な役割を持っています。

40周年目の革工房

ダヤンが生まれて33周年。
そしてその10年以上前から、わちふぃーるどは革製品を製造する工房でした。

2003年には、革の原点に返って、キャラクターに頼らない、革製品のブランド「タグポーポー」を立ち上げることもしました。
試行錯誤を経て、現在はタグポーポーというブランド名こそ使っていませんが、いわゆるキャラクター商品ではない、質実の篭った革製品作りを続けています。

その後、革への特殊なジェットプリント技術が実り、革のOEMにも力をいれてきました。
「ダヤン」「タグポーポー」「OEM」そしてこれから作っていくどんな商品に関しても、わちふぃーるどが最も重んじていきたいのは独自性と高品質です。

独自性の中には商品のみならず、楽しさをも持ち帰ってもらうという販売方法も含まれますし、高品質の中には地球というすばらしい星を守る環境保全も含まれます。
あらゆる意味を含んだ独自性と高品質を貫いていくのは大変難しいことですが、今までずっとそのふたつを目指してきましたし、これからも目指していきたいと思っています。

わちふぃーるどという川を大河にしたいとは思いませんが、海で迎えてくれるお客様がひとめで 「ああ、これは わちふぃーるど だ。」と分かるような、ひとつの屹立した色と香りを持つものになればと思っています。

会長 池田あきこ

このページの先頭へ